ネット副業の所得の申告方法

本業の他に副収入があるというのはとても安心することができるのではないでしょうか。しかし、ネット副業を行なっている人の多くは確定申告について心配されている人も多いはずです。通常、企業に雇用をされていると、年末調整を提出することで職場が申告などを行なってくれます。それに応じて税金なども決まるのですが、ネット副業の場合には支払い側が行なうのではなく、自分で収入の管理と申告を行なわなくてはいけません。
確定申告の受付は毎年二月の中旬から三月の中旬までの定められた期間で行われます。この時申告をしなくてはならないのは前年の所得についてです。前年の1月から12月までの所得を翌年の確定申告で申告しなくてはならないということになります。
全てのネット副業者がこれを行なうのではなく、年間の副業所得が20万円以上を越えた場合には行なわなくてはいけません。ネット副業だけの収入は10万円程度だったとしても、アルバイトなどの副業を行なっていた場合にはプラスして20万円以上の所得になる場合には申告の義務が生じます。この際に副業を行なう為に出費が生じた場合にはそれは経費として計算することができ、経費を差し引いた収入が20万円以上の場合には確定申告を行ないます。
確定申告は住民票のある地域の管轄の税務署で行なわなくてはいけません。直接税務署で確定申告を行なうことも出来ますが、大変混雑しますので、忙しくてなかなか申告に行くことが出来ないというような人はネットでも行なえますので、ネットで申告を行なうことをお薦めします。確定申告の時期になりましたら、税務署の専用ホームページで確定申告のページが開設されます。確定申告のページに進む前に申告の方法などを詳しく書いてありますので一読しておくとさらに安心です。
確定申告には青色申請と白色申請があります。青色の場合は免税対象額が大きいのですが、事前に個人事業主としての申請を行なう必要がありますので、多くのネット副業者の場合には白色での申請になります。白色を選択して、本業以外の収入を申告するを選択します。ネット副業の所得は雑所得扱いになりますので、雑所得を選択し、収入金額や支払先の情報として企業名や個人名、住所などを記入します。
更に経費として電気料金などを記入したり必要事項を埋めていきます。記入が済みましたら、所得税の支払い金額が表示されますので、直接記入した用紙を持って税務署で支払うか、コンビ二などで支払いを行ない、領収書を同封して管轄の税務署に送るという方法もあります。住民税などの金額も変わりますので、申告をした年の住民税が給料からあわせて天引きされて、手取りが少なく感じてしまうかもしれませんが、これは副業の税金の分だということを把握しておくことが大切です。